2001/09/23 <Nimdaウイルス!>

Pocket
LINEで送る

↓クリックすると全体図が見れます~

 

砂洲のクロコダイル

今回は《砂洲のクロコダイル/Sandbar Crocodile(MI)》の模写です~。
「3青 6/5 フェイジング」と、強いんだか弱いんだかヌルさが好きでした(笑)
《テフェリーのヴェール/Teferi’s Veil(WL)》と組み合わせると強いんだヨ!

 

<<星明かりの天使  生命吸収>>

 


今回は、ここ数日ネット上で猛威を振るっているコンピューターウイルス、
W32/Nimda(以下Nimda)」についてお伝えしていきます~。

<ナゼ史上最悪のウイルスと呼ばれているのか?>

フツウのウイルスは、「題名・差出人・本文なしで、ウイルス添付ファイルのみ」で
ユーザーがウイルス添付ファイルを開かない限り感染しないタイプですの。
ところがNimdaは、今までのない万能ウイルスなのです!

・サーバーもウイルス感染しちゃう!?
  マイクロソフトのサーバープログラム「IIS 4.0、5.0」を使ってる方は警告!
  セキュリティホールを通ってサーバー内Htmlファイルが改ざんされちゃうのだ!
   感染したホームページは、拡張子emlのメールファイルのDL要求します。
  これはもちウイルスファイル! 手に入れないように!

・メール・ホームページを見ただけで感染しちゃう!?
  そして「Internet Explorer5.01(SP1)、5.5(SP1)」を使ってる方、
  特に「Outlook Express」を併用している方は警告!
  セキュリティホールを利用して、なんと勝手にメールを実行してしまうのだ!
  しかも感染しちゃったら、ウイルス自身がウイルスメールをばらいてしまいます!

<対策方法は?>

Nimdaウイルスはマイクロソフト製品のセキュリティホールを利用したものです。
つまりアップデートすればいいってことです。

・IISサーバへのセキュリティパッチを適用しよう
  WindowsNT/2000で稼動しているIISサーバーの方はコチラにてDL!
  どうやらこの前のウイルス「Code Red」とおんなじ手段だそうで。
・Internet Explorerのアップデートを!
  このセキュリティホール5.01SP25.5SP26で対策されています。
  これで感染したメール、ホームページを見ただけでは感染しなくなります。

さらにウイルススキャンソフトのメーカーで
最新定義ファイル、Nimda駆除ソフトを手に入れればさらに万全です!

まあだいたいこんなトコロかな。
詳細は各ニュースサイト、ウイルススキャンソフトメーカーのサイトを参照!
皆さんも気をつけてくださいネ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です