2003/04/21 <F-1・ほしのこえ雑記>

Pocket
LINEで送る

-F-1雑記 サンマリノGP編-

シューミー、今シーズン初勝利おめでとう!
 決勝レース当日朝にお母さんの悲報を聞き、尋常じゃない精神の中
 鬼神のようにがんばられた姿が感動しました。良くやった!

 もちバリチェロの3位フィニッシュも燃えた!
 あの抜きにくいサンマリノで、R.シューマッハを見事オーバーテイクしたんですから!
 なんだかんだでウチはフェラーリファンなんだなぁと思った今回のGP。
 M.ウェーバー、F.アロンソの若手ドライバーの走りも良かったし、次回も楽しみです^^

/*
 ……以上の観点からお察しください。
(^_^;)
 */
 了承でつ( =゚ω゚)ノ 耶蘇さんははええ人ですわぁ^^
 また、フィジコ&アロンソの表彰式が改めて行われるのですか!
 嬉しい計らいですネ~☆

 いやしっかし、耶蘇さんと雑談するようになってから、
 去年よりもF-1観戦や雑記を書くのが楽しみになったものです。
 ホントありがとですよ~^^

 /*
 加藤大二郎選手のご冥福をお祈りいたします。
 */

 ウチは昨日寝る直前にレースニュースサイトで知りました。
 250ccチャンピオン、MotoGP7位という輝かしい成績を飾っていた
 バイクレース界の逸材が天国へ――。
 回復するのを待ち望んでいただけに大変残念です。

 耶蘇さんも気を落とさずに…。

<<F-1雑記 ブラジルGP決勝編  F-1雑記 スペインGP編>>

 



ほしのこえ雑記-

あぷらじが終わってひと段落したので、
宣言したとーりに買った「ほしのこえ」DVDを鑑賞しますた。
実はDVDを買ったのはこれが初めてだったり^^
で、

すっごく切ないストーリーで良かったです…・゚・(ノД`)・゚・

いやホント、音楽・アフレコ以外すべて新海 誠さん1人で、
しかも一般のパソコンでこの名作を作られたことに、スゴイ衝撃を受けましたYO!
同梱されたブックレットも隅々まで読みました。
わずか25分の作品に、様々な設定、想いがつぎ込まれているんだなぁと
そのあと作品を何度も見直したくらいです^^

↓以下ネタバレ。(DVDブックレットより)
惑星アガルタで見たもう1人の自分自身。
 あのビジョンを見せた、タルシアンはいったい何を伝えたかったんだろう。
 あれと同時に非情な闘いが始まってしまうし…。

クライマックスで大タルシアンを撃破したミカコ。
 新海さんのその後のメモによると、
 「被害甚大により地球帰還が決定するが、ウラシマ効果が生じてしまう
 亜光速移動を使って帰還するしか方法がなく、8年の時間の隔たりを生んでしまった。
 無事リシテア号に乗っていたとすればミカコは16歳、ノボルは24歳ということに。」

 ウチは感動的な再開があったに違いないと信じたいです。
 あのまま宇宙に放り出されたままだとしたら、あまりにも切なすぎるので…TT

おかげでウチも新海さんの大ファンになりました♪
映像特典の「彼女と彼女の猫」、みんなのうたの「笑顔」で余韻を浸り、
今は「雲のむこう、約束の場所」のパイロットフィルムをループして聴いています^^

「何もかも、今度こそ取り戻すんだ。」

主人公の決意の表れが伝わるこのフレーズ。
次回作がめっちゃ楽しみです。製作がんばってくださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください