2008/09/08 <同人ゲームに最適なPC環境とは? そにょ2 etc>

Pocket
LINEで送る

//09/08 23:20、09/11 23:50更新//

どもども、すし~です( =´ω`)ノ
 PCバナシ2日目は、GPUをピックアップします。
 一番長文ではありますが是非読んであげて下さい(笑)

 あと、1日目のコラムをちょこっと更新しました。目次にもなりますよー。
 # ベンチマーク参考サイト部分を追記しました(09/11)


■GPUバナシ

パソコンでゲームをする時に最も重要なのがGPU。
 VGAやグラフィックカード、ビデオカードとも言います。
 これが積んである積んでないによって描画性能がめっさ違います!

 そう、実はメーカー製PCの大半は積まれていないんですヨ; チップセット内蔵なんですわー。
 更に、そのGPUはDirectX 9か10に対応してる事。
 でないと東方地霊殿は動かないと思って下さい。

 今回はそんなハナシ。どんな製品があって、どんなに性能が違うかをまとめてみました。

・まずはビデオカード編から

 代表的なのはNVIDIA社のGeForceシリーズATI社のRadeonシリーズの2種類ですね。
 他に企業用や他社にもビデオカードが作られていますが省略させて頂きます。
 で、1日目でちょこっと載せましたコレ。

  ・サイズ:通常型か、ロープロファイル型か?
  ・ソケット:PCI Express x16か、AGPx8か、PCIか?

 上記についても把握しているとますます宜しいかと!
 ロープロファイル型とゆーのは、スリムPCにも挿せる小型タイプのコト。
 ソケットは、最近のチップセットにはPCI Express x16が採用されています。
 AGPx8は2004年春までに採用されてましたねー。
 # 以前自作で使った875PチップセットまでがAGPx8でした。

・製品番号の見方

 次に製品番号の見方について。

 4桁目はシリーズ。
 数値が多いほど最新版になります。だいたい1年ごとに製品が作られていて、
 GeForceは、GTX 2×0シリーズが最新で、次点が9×00シリーズ。
 Radeonは、HD 4xx0シリーズが最新で、次点がHD 3xx0シリーズとなります。

 3桁目がシリーズ内の位置づけ。
 GeForceとRadeonは共にほぼ同じ番号の付け方をしていて、ハイエンドが900~800番台、
 ミドルレンジが700~600番台、ローエンドが500~400番台と
 考えて頂ければ結構です。ちなみにGeForce GTX 2×0シリーズですが、
 執筆次点では280も260もハイエンド製品と位置づけられているようです。
 # ちなみに100~200番台はチップセット内蔵の可能性があります。

・DirectX 9以降のビデオカード

 東方地霊殿が動くだいたいのボーダーラインは、
 DirectX 9に対応してるかしていないか辺りになるようです。
 古いので2003年辺りに登場していますね。

 GeForceは、5×00シリーズ、6×00シリーズ、7×00シリーズ、8×00シリーズ、
 9×00シリーズ、GTX 2×0シリーズ。
 Radeonは、9×00シリーズ、Xx00シリーズ、X1x00シリーズ、HD 2×00シリーズ、
 HD 3xx0シリーズ、HD 4xx0シリーズになりますね。
 これらより前のビデオカードはアウトだと思って下さい。

 いろいろ調べてみた所ですと、それぞれ最も古いGeForce 5×00シリーズは5700辺り、
 Radeon 9×00シリーズは、9700辺りがボーダーラインみたいですね。
 それぞれの歴史を知りたい方はWikipediaのGeForceRadeon項目を参照下さい。

・続いてチップセット内蔵編

 寿司屋はビデオカード推奨派なんですが、チップセットの動向もご紹介します。
 大半のメーカーPCは、少しでも費用を抑えたいとゆことで、
 チップセット(マザーボード)に一緒にビデオ機能が内蔵されているタイプを採用しています。

 最大の特徴はビデオメモリは物理メモリの一部を使っているとゆことです。
 ですので、CPUとメモリの性能次第でパフォーマンスが左右されちゃいます^^;
 でも、Vista登場に合わせてコチラも性能が上がってきているのは嬉しい限りですよー。

 チップセット内蔵タイプではIntelが主流で、
 他にAMD・ATI、NVIDIA、VIA、SISが頑張っています。
 VIA、SISは東方地霊殿の動作が厳しいとのコトですので、
 Intelを中心にAMD・ATI、NVIDIAのを紹介します。

・DirectX 9以降のチップセット

 調べてみるとたっくさんありますなぁ(苦笑)
 えーと、デスクトップとノートPCチップセットが混同しますが、
 うまいことまとめて紹介してみます。

 Intel系チップセットは以下の通り。
 2005年に9xx系以降順調に性能が上がってきているのですが、
 それでもビデオカードに比べれば雲泥の差です^^;
 メーカーPCの最新版ではG45・GM45チップセットが積まれているのが出てきています。

  ・G910&915系:GMA 900
  ・G940&945系:GMA 950
  ・946GZ:GMA 3000
  ・G965:GMA X3000
  ・GM965:Mobile Intel GMA X3100
  ・G31、G33:GMA 3100
  ・G35:GMA X3500
  ・G43:GMA X4500
  ・G45:GMA X4500HD
  ・G40、45系:GMA X4500MHD

 AMD・ATI系は以下の通り。デスクトップはまず採用されないのでノートPC系を出します。
 メーカーPCの最新版ではAMD M780GとRadeon Xpress 1250シリーズが採用されてます。
 性能はAMD M780Gがチップセット系では現時点最強! Radeon HD 3200相当の模様です。

  ・ATI Radeon Xpress 200M
  ・ATI Radeon Xpress 1100系
  ・AMD M690V
  ・ATI Radeon Xpress 1250系
  ・AMD M780G

 最後にNVIDIA系は以下の通り。デスクトップはまず採用されないのでノートPC系を出します。
 メーカーPCで採用されているのはほとんど見た事がないですねぇ^^;

  ・GeForce Go 61×0系
  ・GeForce 70x0M系
  ・GeForce 8200M G
  ・GeForce 9100M G

・ベンチマーク参考サイト

 今現在主流になってるGPUからだいぶ前のGPUまで、
 いったいどれくらいのベンチマークの差があるんでしょう?
 ちょっと調べてみたら最新版ではありませんが、
 ステキなサイトが見つかりましたので紹介します。
 # 第三四半期の最新チャートも公開されています!

  ・Gaming Graphics Charts Q1/2008 – Tom’s Hardware
  ・Gaming Graphics Charts Q3/2008 – Tom’s Hardware

 外国サイトですが、GeForce 7&Radeon X1000シリーズから
 GeForce 200&Radeon HD 4000シリーズまで、
 かなりの量のベンチマーク結果が把握できるスゴイサイト!

 「Choose Benchmark」で幾種類もの結果が把握でき、
 下部分にある「View all products」でGPUの種類が増やせちゃいます。
 日進月歩ってスゴイですねー。

 ちなみに、NVIDIAのSLIとAMDのCFというのは、ビデオカード2枚挿しのコト。
 早い話がGPUもデュアルコアみたいなコトができます(笑) 消費電力も2倍になりますg

・寿司屋環境での検証結果

 筆者環境では、以下の環境で東方地霊殿の動作検証をしました。
 GeForceとRadeonとIntel GMAの環境を持っているバカモノでございます(笑)

 GeForce4 440 Go
   ノートPC。ゲーム内の自機が動く部分が真っ黒になってプレイ不可。
 GeForce 5950 Ultra
   自作PC。会話シーンとステージ始め部分が微妙にもたつく。プレイ自体は支障なし。
 GeForce 8600M GT
   Mac BootCamp。上記5950 Ultraと同じ症状。
   オマケとして、Parallels Desktop for MacとVMware Fusionは全滅でした(苦笑)
 Mobility Radeon HD 2600
   ノートPC。全く問題なし。
 Radeon HD 2600 Pro
   自作PC。全く問題なし。
 GMA 950
   オマケですがEee PC 901。1/2描画でないと60FPSになりません(苦笑)
   紅魔郷~緋想天(!)までバッチリ動くだけにザンネン;

 どちらの環境でも会話シーンを進めていくと、57~59FPSと微妙にFPSが落ちますが、
 GeForce環境が特に一緒に背景も微妙にカクつくようです。Radeonは問題なし。
 スペックを満たしていてもこうなっちゃうみたいですね。

 また、【スペック】動符「プレイ環境について語るスレ」9【入力デバイス】で、
 大変有用な情報が公開されていまして、1~7の部分は是非参照下さい。
 どうやらGeForceでは、Vista環境と、デュアルコアCPUとXP SP2環境で
 パッチを当てないとアカン場合があるようです。

 ちなみに、GeForceとRadeonでは後者の方が少しクッキリ表示されます。
 ただし、ドライバ面では前者の方が安定していて、後者はアップデートする時にコツが必要です。
 でも、Radeonもここ数年は毎月アップデートをされているので、だいぶ安定してきたかな。
 そんなあたいは、Radeonスキーに好みが変わっております( ゚∀゚)
 しかもGeForceよりも値段が安めなのがとてもイイ!

・オススメのビデオカード&チップセット内蔵は?

 とゆーわけで、ビデオカードは個人的には、最新版または一、二世代前で
 600番台のミドルレンジの製品を狙うのが良いでしょう。
 GeForceですと9600と・8600・7600、Radeonですと4650・3650・2600っす。

 ローエンドでも良いですが、価格.comconeco.comで調べてみると、
 一世代前の8600と3650が1万円もしません! コストパフォーマンスが良すぎです!
 自作PCユーザーにとっては、お安い値段でスペックアップが狙えますヨ!
 ただし、購入前に自分のPCに挿せるスロットがどのタイプかを必ず確認する事!
 PCI Express x16か、AGP 8xか、PCIかで全然違いますからねー。
 # ちなみに、ハイエンドを好まないのは、消費電力がCPU以上にかなり高くなってきてるからです。

 チップセットですと、Intel GM45系とAMD M780Gですねー。特に後者が実に優秀(・∀・)b
 ですが、ノートPCはビデオカード換装ができませんので、
 できることやったらビデオカードが搭載されているタイプを推奨します^^;
 向こう数年を見越して投資しましょう!

・参考リンク

 蹴茶 3Dゲームをノートパソコンで
   ノートPCのユーザーレポートとベンチ比較が大量に登録されているスゴイサイト!
 GPUの性能比較
   3DMark05でのベンチ結果が大変参考になります! チップセット内蔵はやはり惨敗状態^^;
 amrstyle:NVIDIAグラフィックボード一覧
 amrstyle:ATIグラフィックボード一覧
   それぞれ消費電力の参考になる熱設計枠(TDP)やベンチマークデーがわかります!
 価格.com
 coneco.com
   SHOP価格比較サイト。GPUへの直リンクですよー。


■パソコンとゲームとあたい そにょ2

 ウチがPC買ったのは今から8年以上前の1999年12月。
 買うキッカケは、PC版風来のシレンとBMSをやりたかったからなんですヨ。
 んで、この頃のPCは性能がまだまだで、不満がたっくさんありました(苦笑)
 そのおかげで、いろーんな面に興味を持つようになり、
 PCに関する知識はほぼ独学。んで今に至っております。

 そうそう。BMSをノートPCでやってたんで、
 時折カクツキが出たり、動画ブレに不満があったんでしたねー。
 この不満をどう解消したかとゆーと、CRTモニタの購入とメモリ増設でした(笑)
 この頃からもうノートPCがデスクトップPC状態になってたのでs
 # あと、悪友のおかげでエロゲやったのもこっから(笑) オタクカミングアウトしたのもこっから(苦笑)
 # でもすぐプレイの暇が無くなって、今じゃへち同人誌ぐらいしか買ってないですねー。

 本日はこないな所で( =´ω`)ノシ


■ねと☆すた

ザ☆ネットスター!のお楽しみこと、ねとすた☆あねっくす

 ねとすた放送後の大反省会や、金田朋子の日本語でおk
 柚木涼香と東浩紀の動物化してもいいですか(はぁと)と、ネット番組が盛りだくさん!
 特に大反省会は本放送よりおもしろくて(・∀・)イイデスヨ!(笑)

 こーゆーネットコンテンツの紹介番組はなかなか無いですので、
 タレコミ情報の投稿などで存続の協力をしていきたいですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です