2009/02/14 <MacBookProにWindows 7β雑記>

Pocket
LINEで送る

//02/15 00:30更新//

みょみょん、すし~です( =´ω`)ノ
 Windows 7βに興味津々なあたいは、
 これまでNJ5100Proと、Inspiron 8200に入れてきました-。

 で、先日久しぶりにMacに入ってるソフトを一通りアップデートしてたら、
 仮想デスクトップソフト2つがアップデートされてましたわー。

   こりゃ弄らないと!(・∀・)+(笑)

 とゆわけで、Macに7βを入れてみましたよ雑記です(・∀・)
 # ちなみに、Win版仮想デスクトップソフトレビューは華乃音者が2つ書かれているので参考にどぞー。


■Parallels Desktop VS VMWare Fusion

今回のターゲットはMacBookPro。実は自分、Windowsにアクセスできる手段が
 3つあるとゆーとっても頭が悪い環境を持っています(笑)

 実機でのWindows 7検証は他PCで既に試してあるので、
 今回Bootcampは使わず、Parallels Desktop 4.0 for Mac(Build3810)と、
 VMWare Fusion 2.0.2(Build 146107)を利用してみましたー。

・スペック
  Core 2 Duo T7700 2.4GHz、メモリ4GB、GeForce 8600M GTと
  2年前のハイエンドモデルなんですが、
実はリコール対象のモデル(笑)
  GPUが原因でBootcampだとXPが起動できないのでs
  仮想マシン上では、CPUx2、メモリ2GBにしてあります。

・仮想デスクトップソフトの利点
  そのPCの環境を壊さずに別OSが入れられる!
  Macとの融和(表示や共有)が興味深く使いやすい!
  Linux(Ubuntuとか)を入れてみるのもおもしろそう!

・インストール&ドライバ
  Parallelsは7βに仮対応してるのですんなりインストール完了。
  VMWareは2008 Server+3D Off設定にするのがコツ。コチラも無事完了。
  それぞれドライバは独自に用意されているので安心。

・Windows Aero
  両ソフトともDirectX 9対応とはなっていても×
  3D設定をON・OFFどちらでもベーシック表示です。

・体感速度
  Parallels>VMWareな結果に。
  勿論Parallelsでも実機よりややもたつきます。起動速度も遅め。

・ベンチマーク結果
  下記ベンチマーク結果を参照下さい。おなじみCrystalMark 2004R3です。
  数値で見ると、CPUやメモリは引けを取りませんが、
  GPUがほぼ全滅ー^^; ただし
HDDがナゼか異常値( ゚∀゚)(笑)

OS Win XP Win 7 Beta
CLIENT BootCamp Parallels Desktop VMware Fusion
GPU ON ON OFF ON OFF
Mark 111937 97211 108501 100876 96210
ALU 21027 20560 22718 23152 22268
FPU 25698 21135 23833 20657 19723
MEM 12743 11544 11929 16527 14501
HDD 6929 33453 35382 35548 32512
GDI 14108 5786 5722 2361 2403
D2D 4503 3071 7780 1877 3969
OGL 26929 1662 1137 754 834

・サウンド
  
共にザンネンな結果; Parallelsはたまーに途切れるのに対し、
  VMWareは頻繁にプチプチとノイズが入っちゃいます。ナゼ。

・ゲーム
  期待シテハイケマセン(苦笑)
  ソリティアなどのゲームは、両ソフト共3D設定がONだとOSもろともフリーズし、
  OFFだと極端に遅くてゲームになりませぬ。
  なお、東方Projectは全滅でした
(ノ∀`)(笑) 洞窟物語は動作確認しましたー。

・不具合
  両ソフト共3D設定がONだと、Windowsエクスペリエンスインデックスが
  正常に動作しないですねー。OFFだとグラフィックスが1.0(笑)
  また、Parallels Desktopで便利な、Macとプロファイルを共有できる機能
  (デスクトップ、書庫、ピクチャ、ミュージックフォルダの共有)が、
  ONになると、タスクバーにアプリがピン固定できない症状や、
  ソリティアなどのゲームが起動できない症状が。実に興味深いですね。

・結論
  強いて言うとParallelsが上回ってるカンジですが、やはり実機動作には勝てません^^;
  仮想デスクトップソフトも7に仮対応だから仕方ないっすね(ノ∀`)(笑)
  チューニングがまだまだってことで^^;

・オマケ@スクリーンショット集
  VMWare+3D設定OFFのベンチマーク結果
  VMWare+3D設定ONのベンチマーク結果
  Parallels+3D設定OFFのベンチマーク結果
  Parallels+3D設定ONのベンチマーク結果
  Mac上では両方同時起動もできます(笑)

とまぁこんなカンジの検証結果でした。
 そういえば、両ソフト共Bootcampアクセス用に使ってたので、
 仮想パーティションを使うのは初めてでしたねー。
 実に興味深い体験でほくほくでしたよ( =´ω`)

 そうそう、ここ最近のバージョンアップで良かったコトと悪かったコト-。
 良かったコトは、XP環境だとDirectX9がより進化したコトでしょうか!
 さっきParallelsで地霊殿試したら、FPS落ちはあったけど
 ちゃんと動いてビックリだったよ!(笑)
 その代わりDirectX8の東方作品は×でしたg
 悪かったコトは、ゲストOSの起動速度がやや遅くなった事でしょうかー。
 特にParallelsのVer.3は、最適化がうまくて結構速かったのですヨ。

 そんなPCバカ雑記でしt


コチラでも軽くお知らせ-。
 東方公民館オフの後継コミュニティ「プランあぷえぬ」をmixi上で立ち上げました。
 早速ながらフラワリと例大祭の中日に、まったりオフを開催しますので、
 良ければご参加頂ければ嬉しいっすよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です