2011/06/19 <新パソコンレビュー&ベンチマーク>

Pocket
LINEで送る

//15:15更新//

4月中旬にドスパラPrime Monarch LGを購入しましたー。
 これを基本ベースにパーツを入れまくって、半自作PCの如く組んでみましたよ( ゚∀゚)
 Radeon HD 6670を購入してパーツが揃ったので、遅れながらレビューしてみますネ。


■パソコンスペック

(*)は所持&買い足したパーツです。はい、最低構成にして好きなように組みました(笑)
 USB3.0 HDDケースなど周辺機器も買ったので、総額18万くらいになった気がしまs

PC Prime Monarch 改
CPU Core i7-2600S 2.80GHz(Sandy Bridge)
MEMORY PC3-10600 DDR3 SDRAM 8GB(Dual Channel)
MOTHER ASRock H67DE
HDD 256GB MLC SSD(C300-CTFDDAC256MAG)
+ 1TB Serial ATA 600 x2 (*)
BDD PIONEER BD-RW BDR-206 (*)
VIDEO Radeon HD6670 GDDR3-SDRAM 1GB (*)
AUDIO Realtek High Definition Audio+FA-101 (*)
OS Win 7 Home Premium 64bit (*)
MONITOR MDT242WG (*)

——————————————————————–

■パソコン雑感

・ここの特別構成で静音ファンにしたら、旧自作よりも静かになりましたわー♪
 自作で最初から組むより、既存PCを使うと楽ですねー。
・HDDケースは以前スマートドライブを購入してたので、積んで更に静かにナッタ!(・∀・)
 SSDとHDDに分散したおかげで、爆速になったし、SSDへの負担も最小限にできましたー。
 ただ、省電力関連のためか、HDDにアクセスする際に認識するまでに数秒タイムラグががが。
・Win7はノーパソで既に弄ってましたが、慣れるのに時間がかかりました^^;
 てゆーか、64bitOSに32bitアプリを入れると、C:Program Files (x86)になるのね。
・丁度3連休を使って大量にソフトを入れましたが、ショートカット編集が蝶面倒やったです(;´Д`)
 流石に16bitアプリなのか一部アプリは動作すらしませんでしたー。

・ともあれ、安定してるし速いので大満足! Core i7-2600Sのおかげで省電力!
 ただ、相性が悪いのか、Core i7内蔵の描画性能は時折フリーズするバグがあり残念。
・あと、Sound Blaster X-Fi Titaniumも買ったのですが、
 ねとらじDJ環境としては使えなかったですねえ。
 内蔵のRealtek High Definition Audioの方が質が良かったってどゆことだ(笑)

——————————————————————–

■ベンチマーク結果

・ベンチマーク結果1(所持PC)
・ベンチマーク結果2(歴代PC含む)

・新PCだけでなく、VAIO type ZもWin7&SSDファームウェアアップデートをしたので、
 ベンチマークを取り直してみました-。

・起動時間 (sec)
 電源ONからマウスポインタのビジー状態マークが消えるまでの時間です。
 XP自作PCとほぼ同様のソフトを入れたのに、SSDの恩恵マジパネェっす!
・消費電力 (Idle)
 アイドル時の消費電力をワットチェッカーで測定したものです。
 Totalは本体、モニタ、スピーカー、UPSすべての消費電力です。
 新PCになって少しは下がったけど、やはりデスクトップは電力食いますね^^;
・テスト結果に、起動時間、消費電力、Windows Experience Index、PCMark7、
 PCMark Vantage、3DMark11、3DMark Vantageを追加しました。
 よくわからないことにPCMarkシリーズはすべてエラーで測定できませんでしたねえ;
・ビデオカード性能ですが、Radeon HD 6670はGeForce 9800GT GEを上回ることが
 できないんですなあ。たぶん、DX11環境だと話が違うとは思いますけど。


とゆわけで、ワットパフォーマンス重視で組んだPCでした。
 これだけの性能で20万を切るというのは嬉しいですわー^^
 SSDは高いけどグンと体感速度が変わるのでオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です